天海大僧正一代絵巻

天海大僧正【慈眼大師】
 

天海大僧正について

天海大僧正は、戦国時代の末期から江戸初期にかけて中央で活躍した天台宗(てんだいしゅう)の名僧。
陸奥国(むつのくに)大沼郡高田(現在の会津美里町高田)の出身です。
108歳で没したあと、その功績を称えられ朝廷より「慈眼大師」の名を贈られます。

画像の転載は固くお断りします。

 
ページトップへ戻る