天海大僧正一代絵巻

天海大僧正は108歳まで生きたそうだゾ

文殊菩薩の申し子生まれる

天文五年(一五三六) / 一歳

天海さまは両親が文殊堂にお祈りをして授かったといわれ、幼い頃からとても知識欲が旺盛だったと言われております。幼名は兵太郎といいました。

 

龍興寺にて十一歳で得度す

天文十五年(一五四六) / 十一歳

天海さまは龍興寺で、十一歳のときに仏門へ向けて修行に入ったのです。天台宗の寺として名高い龍興寺で、名僧で知られる弁誉舜幸法印のもと、随風という僧侶になりました。得度とは、世俗の生活から離れて、僧となって仏道の修行をすることをいいます。

 

長い修行の旅へ

天文十八年(一五四九) / 十四歳

天海さまは、十四歳のとき故郷を離れて、仏教だけでなく儒学(中国古代の学問)や、史学(歴史を勉強する学問)、易(古代中国から伝わった占い)などを学ぶために、各地を巡り歩くのです。

 

会津に戻り、稲荷堂の別当に

天正元年(一五七三) / 三十八歳

天海さまは会津の領主・葦名盛氏に切望されて帰郷すると、黒川城(今の鶴ヶ城)内にある稲荷堂を、十年近く守り通しました。ここでいう別当とは、僧侶と神職を兼務することをいいます。

 

葦名義広を護り、常陸へ

天正十七年(一五八九) / 五十四歳

磐梯山麓の磨上原の合戦で、葦名義広は伊達政宗に敗れました。天海さまは甲冑に身を包み、義広を護って常陸の国(茨城県北東部)へ落ち延びました。

 

天海さま、大僧正となる

元和二年(一六一六) / 八十一歳

天海さまの力を信じてきた初代将軍の徳川家康が、駿府(現在の静岡市)で亡くなった後、天海さまは大僧正となって徳川家のためにますます力を発揮しました。

 

比叡山延暦寺の復興と再建

寛永十一年(一六三四) / 九十九歳

織田信長により焼き討ちされた比叡山の復興を、天海さまは三代将軍の徳川家光に願い出て、再建が始まります。

 

家光にみとられ、大往生

寛永二十年(一六四三) / 一〇八歳

天海さまは一〇八歳で遷化(高僧が亡くなること)し、徳川三代が帰依(天海さまの教えを深く信仰して、その力に頼ること)した大僧正の葬儀は、大変盛大だったといわれております。

 
 
ページトップへ戻る