会津本郷の赤瓦

今、会津若松市にある『鶴ヶ城』が鶴ヶ城天守閣再建50周年の折に、鶴ヶ城の修繕工事をしています。
幕末戊辰戦争時の鶴ヶ城の天守閣の瓦は赤瓦だったと考えられています。
その為今回の修繕工事で鶴ヶ城の瓦が赤瓦に生まれ変わります!

そんな赤瓦
会津本郷焼の歴史の中でも赤瓦というキーワードが出て来ます。
そして、当時の鶴ヶ城の赤瓦は会津本郷で製作されていた物です。

1593年 蒲生氏郷が城郭修理の際、播磨国から石川久衛門らを招き屋根瓦(黒瓦)の製造をさせる。
1639年 天守閣を五層にし、西出丸と北出丸を増築。
1653年 水野長兵衛が新しく施釉の赤瓦の焼成に成功。瓦役所が置かれる。
同年    太鼓門(現在の椿坂正面)が初めて赤瓦にかわる。
1874年 鶴ヶ城が廃城になる。

s-p1010725

会津本郷焼の起源は瓦から始まっています。
保科正之公の時代に瓦の製造が行われた事、良質な土が取れ瓦の製造が発展した事が、会津本郷焼の始まりです。
最初に作られた黒瓦は寒さに弱く、凍みて割れてしまう事から改良が求められ、凍みても割れない施釉の赤瓦を製作し、城へ届けました。

80年ほど前までは会津本郷でも瓦工場が残っていたのですが、今現在は会津本郷で瓦を製造している所がなく、今回修繕される赤瓦は残念ながら会津本郷の物ではありません。

来年の3月に赤瓦に生まれ変わった鶴ヶ城を見て、会津本郷焼との関わりを少しでも思い出して頂ければ嬉しいです。


会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0|閲覧数: 2,832|人気度: 0UP

 

コメントはこちらからどうぞ
ご質問やご感想など、お気軽にご記入ください

当サイトに不適切な文章は削除させていただく場合があります。

月別アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2000年

最近のエントリー

最近のコメント

  • 酒井順子 さんのコメント
    会津に、いた頃毎年ブドウを、頂いていました。遠方でも、購入できますか?購入方法も、教えて下さい。...

    » 記事のコメントへ
  • 永山 正利 さんのコメント
    貫通石が欲しいのですが、まだありますか?
    » 記事のコメントへ
  • 藤田裕美 さんのコメント
    貫通石の件で連絡しました。 石を郵送していただくことはできるのですか? お忙しいところ申し訳ありません。よろしくお願いします。...

    » 記事のコメントへ
  • (一社)会津美里町観光協会 さんのコメント
    齋藤農園にブドウ販売に関するお問合わせありがとうございました。 2021年 ブドウ販売について齋藤農園様に確認したところ 今のところ全部の品種販売はまだできていないのですが 現時点では少しずつ販売が始まりました。 秋口にはたくさ...

    » 記事のコメントへ
  • 東瀬 光弘 さんのコメント
    ブドウの販売はいつからですか?
    » 記事のコメントへ
  • 会津美里町観光協会 さんのコメント
    お問合せありがとうございます!向羽黒山城御城印は最終的に3種類で考えております。3枚目については9月以降を予定しておりますので宜しくお願い致します。...

    » 記事のコメントへ
  • トビタ マモル さんのコメント
    返信ありがとうございます。最終的に御城印は第1弾から何種類登場予定なんでしょうか?以前福島民友さんのサイトで合計4種類登場予定とありましたので、最終的な種類を教えていただければうれしいです。...

    » 記事のコメントへ

最近のトラックバック

関連キーワード

まるごと美里ブログを購読する

http://misatono.jp/category/blog/feed
組織概要 プライバシーポリシー
ページトップへ戻る