これ以上前のページはありません

【会津本郷焼】PR動画完成しました‼

みなさんこんにちは!

会津本郷焼組合では今年度事業で制作に取り組んでいた会津本郷焼のPR動画が遂に完成しました。

撮影は町のPR動画の制作も行った「grid」様、ディレクションは以前より会津本郷焼に関わっていただいている「ダブデザイン」様にお願いをいたしました。

是非ご覧になってみてください!!凄くカッコ良いです!!

※下の画像をクリックしていただくとyoutubeの動画ページに飛びます。

【会津本郷焼】継承されていく伝統と歴史 /【Aizu Hongouyaki】The tradition and history that are passed down for generations

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0件|閲覧数: 271|人気度: 0UP

【会津本郷焼】地域おこし協力隊(技術後継者)募集

この度、会津本郷焼事業協同組合では

「地域おこし協力隊」制度を活用し、

会津本郷焼の技術を継承する後継者を募集いたします。

_mg_3145e99691e5b1b1

1 名称、採用に関する情報及び活動内容

(1)名称:福島県地域おこし協力隊

(2)採用に関する情報
採用予定者数:1名
勤務地:会津美里町
伝統産業:会津本郷焼(技術後継者)
活動期間:平成30年4月以降
年齢要件:委嘱日現在で満19歳以上

(3)活動内容
〇会津美里町の会津本郷焼(技術後継者)
・窯業に関する技術・技法の習得
・会津本郷焼に関する情報発信とPR(Web、イベント等)の実施

2 募集期間

平成30年4月10日(火曜日)~平成31年3月25日(月曜日)

※一定数の応募があった場合は、その都度選考を実施し、採用候補者が決定した場合は、その時点で募集を終了します。

ご興味のある方は下記URLに募集にかかる要項・育成プログラム等がダウンロードできますのでご利用ください。

福島県 地域おこし協力隊
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11025b/tiikishinkou-118.html

地域おこし協力隊がどういったものなのか知りたい方は下記URLからどうぞ。

地域おこし協力隊とは
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/about/index.html

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0件|閲覧数: 297|人気度: 0UP

カフェでのんびり過ごす秋 ~ゆったり高田編~

カフェシリーズ第3弾。
今回は高田地域です。

img_1745

高田のcafeといえば「Cafe かわぞえ」。
門前町通りにあるジャズが流れるおしゃれなカフェ。
テラス席があるので、天気がいい日は外でランチも。
ランチの人気メニューは「かわぞえランチ(スープ、コーヒー付で750円)」。
生姜焼きとピラフの相性がばっちりです。

img_1751

【店舗情報】
営業時間:10:30~14:00、17:30~22:00
定休日:毎週月・木曜日
電話:0242-54-3383

高田地域は商店街にお菓子屋さんやパン屋さんがたくさんあるのが魅力のエリア。
まちあるきで立ち寄るにもぴったりです。
高田まちあるきマップについてはこちら

さて、高田といえば、今アツいのは「天海大僧正(てんかいだいそうじょう)」と「あいづじげん」です。
徳川家康・秀忠・家光の三代将軍に仕え、日光東照宮や上野寛永寺を造営した天下の名僧です。
実は、天海大僧正はここ会津美里町高田地域の生まれとされています。
町内には、「龍興寺」「慈眼大師(天海大僧正)御誕生地」「清龍寺文殊堂」などの大僧正ゆかりの史跡が点在します。
まちあるきマップを片手に町内散策もオススメです。
また、会津美里町のキャラクター「あいづじげん」は、天海大僧正の別名「慈眼大師(じげんだいし)」にちなんで名づけられました。
パックやTシャツ、会津本郷焼などにもプリントされ、たくさんの商品がでておりますので、会津美里町のお土産としていかがでしょう。

■龍興寺
天海大僧正が出家し、14歳まで修行した天台宗の名刹。国宝一字蓮台法華経を蔵しており、夏は蓮池「華芳園」の古代蓮で知られる蓮の寺(※国宝拝観は要予約。但、悪天候時は予約があっても拝観不可)。
境内には、天海大僧正両親の墓や師・舜幸法印の墓碑、天海大僧正が発見した土仏が祀られる浮身観音八葉堂などが残ります。
問合:龍興寺 0242-54-2446
e9be8de88888e5afbaefbc91

■慈眼大師御誕生地と護法石
かつて天海大僧正の両親・舟木氏の館があった場所といわれています。現在はJAの駐車場になっていますが、その片隅には「慈眼大師御誕生地」の碑(町重要文化財)が建っています。
また、その向かい側、会津美里町公民館の前には天海大僧正がその上に登って太陽を拝んだという「護法石」が祀られいます。

■清龍寺文殊堂
日本三大文殊の一つ「筆の文殊」といわれています。子どもがなかなかできなった天海大僧正のお母さんが、子授けの祈願のため文殊堂に籠ったところ、天海大僧正を授かりました。
学業成就・技芸上達の仏様として多くの人の崇敬を集めています。特に祭日の2月25日は、門前にたくさんの屋台がならび、合格を祈る生徒や保護者が列をなして参拝に訪れます。

■観光ガイドによるまち歩き
天海大僧正にちなむまち歩きは観光ガイドをご利用いただくと、より充実した時間をすごせること間違いなし。
ぜひご利用下さい。
問合せ・申込み先:会津美里町観光協会 TEL.0242-56-4882(火曜定休)
           ※観光ガイドは1週間前までにお申込み下さい。

【おすすめルート】
会津若松駅
  ↓ バス約40分(高田厚生病院前下車)・車約30分
龍興寺
  ↓ 徒歩約5分
慈眼大師御誕生地と護法石
  ↓ 徒歩約10分
美里蔵 ・・・高田インフォメーションセンター(火曜休)を併設する店舗。
        高田梅漬けや「ふわふわ」(シフォン生地に生クリームをはさんだお菓子)などが購入できます。
  ↓ 徒歩約5分
清流寺文殊堂
  ↓ バス約40分(横町乗車)・車約30分
会津若松駅

※龍興寺~美里蔵までの国道401号は「天海大僧正通り」と呼ばれています。店舗が多いので、お土産を買うにも便利です。

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0件|閲覧数: 2,450|人気度: 0UP

カフェでのんびり過ごす秋 ~のんびり新鶴編~

秋も深まってまいりました。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。
秋といえば・・・いろんな秋がありますね。
ちなみに私は「食欲の秋」。

ということで、会津美里町の美味しいカフェをご紹介します。
今回は「のんびり新鶴編」です。

img_0894 

ご紹介するカフェは「Cafe & marche Httanndo(カフェ&マルシェ ハッタンドウ)」。
新鶴地域のぶどう畑を見下ろす丘の上のカフェ。
会津盆地西部山麓を走る旧道名「八反道」から名づけられました。
高台の一軒家からは会津盆地と磐梯山を眺めることができるお洒落なカフェです。
地元の特産品や食材を使ったランチが人気です。
写真は自然卵をふんだんに使った「自然卵のオムライス」(ランチはドリンク付で900円)
img_0903
【店舗情報】
営業時間:11:00~17:00、18:00~21:00
定休日:毎週木曜日
電話:070-6624-6340
HP:http://aizuchitose.com/

そ・れ・と!
新鶴まで来て食事だけというのももったいない!
他にも見所があるんです。

例えば「中田観音」
会津ころり三観音の一つ中田観音は、野口英世の母が月参りしたことでも知られています。
堂内には抱きつき柱があり、この柱に抱きついて願うと、願い事がかなうといわれています。
縁結びや安産のご利益もあって、女性を守ってくれる観音様。
旅好きの人には、旅から安全に帰ってこれる「土守り」もオススメ。
本尊の拝観は要予約ですが、境内参拝は自由。
s-1280x830

【施設情報】
拝観日:個人 月・水・金 10:00のみ
     団体 随時(10名様以上)
     いずれも要予約
拝観料:個人 500円 ・団体 400円
電話:0242-78-2131 

「法用寺」も見逃せません。
会津唯一の三重塔を持つお寺。国重要文化財の厨子や金剛力士像を有する古刹です。
境内には、会津五桜の一つ「虎の尾桜」があります。
ガイドさんの案内で境内を散策すれば、満足感もアップ(観光ガイドは1週間前に要予約)。
img_2148-853x1280

【施設情報】
境内参拝自由
堂内拝観・ガイド希望の際は1週間以上前に 会津美里町観光協会 0242-56-4882 まで要問合せ。

時間のある方には、「新鶴温泉健康センター」での日帰り入浴もオススメです。
特産品を使った「あいづ人参風呂」など8種類のお湯を楽しめます。
ぬめりのある泉質が特徴で美肌の湯としても愛されています。
お風呂からの眺望もgood!
e696b0e9b6b4e6b8a9e6b389efbc94e581a5e5bab7e382bbe383b3e382bfe383bcefbc89
【施設案内】
営業時間:8:00~21:30
休業日:なし。年中無休。
入館料:大人 510円・こども 250円
電話:0242-77-3222

【おすすめルート】
会津若松駅

  ↓ 車で約40分

法用寺 ・・・境内散策(三重塔・観音堂・鐘つき堂)(約20分 ※ガイド付きだと約50分)

  ↓ 車で約5分

中田観音 ・・・参拝・抱きつき柱(約20分 ※本尊拝観時は約40分)

  ↓ 車で約3分

Cafe & marche Httanndo ・・・ランチ

  ↓ 徒歩約2分

新鶴温泉健康センター ・・・日帰り温泉施設。地元産品も販売。

  ↓ 車で約30分

会津若松駅

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0件|閲覧数: 2,671|人気度: 0UP

カフェでのんびり過ごす秋 ~ほっこり本郷編~

カフェでのんびり過ごす秋。
今回は「ほっこり本郷編」です。
043

会津本郷焼で知られる本郷地域。
細い路地と窯元の店舗が昔なつかしい雰囲気をかもし出します。
歩いての散策や、レンタサイクルを利用してのまち歩きがオススメのエリアです。
会津本郷焼は約400年の歴史を持つ東北最古の焼物です。
窯元によって特徴が異なるのが魅力。ぜひいろいろな窯元を巡って下さい。きっとお気に入りの器が見つかるはず。
中には、焼物体験のできる窯元もあります。

ご紹介するカフェは「Cafe yuinoba」。
039-853x1280

瀬戸町通りから一歩入った蔵を改装したおしゃれなカフェ。
会津本郷焼の人気窯元「樹ノ音工房」が週末に運営するお店です。
樹ノ音工房でつくられた器で、ケーキやコーヒーを楽しめます。
写真はフルーツたっぷりのパフェ(500円)。ドリンクセット(800円)も人気です。
049-1280x853

【店舗紹介】
営業日:毎週土・日曜日、祝日祭日のみ営業
営業時間:10:00~17:00
電話:0242-56-5098

このエリアでのオススメは、やはり「焼物体験」。
当日受入可能な窯元がありますので、ぜひ体験してみては。
各窯元の詳細情報はこちら

◆おすすめルート
会津若松駅

   ↓ バスで約30分・自家用車約25分

会津本郷インフォメーションセンター ・・・2階が会津本郷焼の展示室
会津本郷陶磁器会館 ・・・ 会津本郷焼事業協同組合員13窯元による共販所。
                 体験できる窯元案内も行っています。

   ↓ 徒歩約10分

会津本郷焼体験 ・・・ 手びねり体験(約30~60分)・絵付け体験(約60分)・ろくろ体験(約60分)

   ↓ 徒歩約5~10分

Cafe yuinoba ・・・ ほっこりとコーヒーを楽しむ!

   ↓  バスで約30分・自家用車約25分

会津若松駅 

 

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 1件|閲覧数: 1,886|人気度: 0UP

これ以上前のページはありません

最近のエントリー

最近のコメント

  • ハルスキさんのコメント
    満開の桜、綺麗ですね。 今週末あたりに米沢の桜を観に行こうと考えているのですが咲き具合は、どんな感じなのでしょうか?

    » 記事のコメントへ
  • 岡下勝美さんのコメント
    よさこいは全国に躍動を与える。 兵庫県神戸市なので 簡単に伺える距離ではないので 気持ちだけ届けます。 9月には神戸でもよさこいが 二つ開催されます。 よさこいで元気にしましょう、なりましょう。

    » 記事のコメントへ
  • 飯田 三恵子さんのコメント
    ご担当者様 12月初めに、左下観音堂~向羽黒城跡~南若松駅または会津本郷駅まで歩きたいと思っています。 国土地理院地図で確認中ですが、左下池そいに歩き相川集落を経て山道を登り 向羽黒城跡へ行く場合、左下池~向羽黒城跡~最寄り駅間は、3時間ぐらいで歩けますか? 左下観音堂に午前9時頃行き、向羽黒城跡の最寄り駅に午後2時頃に到着できればと 思います。...

    » 記事のコメントへ
  • むっちゃんさんのコメント
    とても美味しく雰囲気がいいピザ屋さんがあると 噂には聞いておりましたが、なまえが分からずときが過ぎてた行き現在に至りました。 すると、閉店されたなどとまたまた伺いましたが、本当でしょうか? やっと店名が分かり メールさせて頂きました。 本当でしょうか?

    » 記事のコメントへ
  • サッカーさんのコメント
    私はこのウェブサイトに感謝したかった! 共有してくれてありがとう。 素晴らしいウェブサイト!

    » 記事のコメントへ
  • 会津美里町観光協会さんのコメント
    淀川様 コメントありがとうございます。 山梨からは遠いとは思いますが、来年度は是非お越しください‼ フォトコンテストも継続して開催する予定ですのでまた応募してください‼ お待ちしておりますm(_ _)m

    » 記事のコメントへ
  • 淀川雅樹さんのコメント
    せと市が盛大に、成功裏に行われることを願っています。 今年は仕事の都合で訪問できませんが、来年は妻と一緒に 必ず行きたいと思っています。   平成29年8月2日                山梨県 淀川雅樹

    » 記事のコメントへ

最近のトラックバック

関連キーワード

まるごと美里ブログを購読する

http://misatono.jp/category/blog/feed
ページトップへ戻る