これ以上前のページはありません
これ以上次のページはありません

知られざる天海を旅して ~会津美里町~ 其の4

こんにちは!
会津美里のようやく雪も解け出し、気温も暖かくなりましたね。
天海シリーズも第4回目に入り、残す所あと少しとなりました。

今回のテーマ:龍興寺ってどんなお寺?

img_0607

◆ 天海が出家した龍興寺 ◆
龍興寺は福島県にある三つの国宝の内の一つ「一字蓮台法華経」があることでも有名なお寺です。
会津美里町高田地区にある『龍興寺』には天海の両親でもある舟木影光夫婦の墓もあります。

龍興寺の正式名称は「天台宗・ 道樹山龍興寺玉泉院華芳坊」といい、嘉祥年中(847~50)に慈覚大師(天仁大僧正)が開き、基礎をつくりました。慈覚大師は承和5年(838)に遣唐使として唐(現在の中国)に渡ります。会津高田の地形が揚州の龍興寺の周辺と似ていたため、会津高田にお寺をつくった際に同じ寺名の「龍興寺」と名付けたといわれています。

本尊は地蔵菩薩で、山王権現を勧請して鎮守し、別当も勤めていました。その後、17代にわたって栄華を極めた後、一時期衰退しましたが、応安年中(1367~74)恵雲という僧が龍興寺を再興しました。
なお、寛永6年(1629)に高田は大火事に見舞われ、その際に縁起・記録・大般若経などは焼けてしまい、龍興寺の歴史に関する詳しいことは不明になってしまいました。

龍興寺には「一字蓮台法華経」のほかにも県文化財指定「絹本著色両界曼荼羅」や「会津五色不動」の一つで目が血ばしっている「赤不動」があります。
このように龍興寺はとても由緒あるお寺なのです。

次回は龍興寺にある国宝「一字連台法華経」や「浮目観音」のお話をご紹介したいと思います。

●「まちあるき」途中で見つけたお菓子屋さんコーナー●

今回は高田駅から徒歩2~3分くらいのところにある「立川菓子舗」さんをご紹介したいと思います!
「立川菓子舗」さんは御田植まつりで有名な御田神社の近くにあります。

立川さんの『串だんご』は普通の串団子と少し変わっています。
なんと!
img_1702

あんこが外側で中が草団子になっているのです!!

他にも素敵なお菓子が沢山あります。
「立川菓子舗」さんについてはこちらをご参考にどうぞ。

次回も引き続き天海を紹介しつつ、会津美里町のおいしいお菓子をご紹介していきたいと思いますので、お楽しみに!!

お菓子といえば、美里蔵では【スイーツコレクション】を3月12日に行います!
会津美里町のスイーツ(和・洋菓子)が美里蔵に集まりますので、こちらの方もよろしくお願い致します。

高田インフォメーションセンター|記事のURL|コメント: 0件|閲覧数: 757|人気度: 0UP

知られざる天海を旅して ~会津美里町~ 其の3

天海シリーズも第3回目を無事に迎えることができました!
本日も天海についてご紹介していきたいと思います。

◆今回のテーマ:天海大僧正はどうして出家したの?

tenkai04
↑天海が出家した龍興寺

■出家への決意■
天海が8歳の時、高田城(現在の高田中学校の北側辺り)の筆頭家老である父は暗殺され、天海の運命が変わります。
彼は生前から仏門への関心があった父の遺志をついで仏道に飛び込もうと決意しますが、葦名一族などの猛反対を受けます。
しかし、天海は反対を押し切って仏門の道へと飛び込んでしまいます。その際に出家したのが、会津美里町にある龍興寺(りゅうこうじ)であるといわれています。龍興寺の宗派は天台宗ですので、すなわち、天海の宗派も天台宗ということになります。
龍興寺は僧侶としての第一歩を踏み出した場所ということになります。

天海は11歳の時に出家し、『随風(ずいふう)』と法名を与えられました。以来、54歳の時に『天海』と名を改めるまで、随風という法名で活動していました。
天海は龍興寺に入門して3年間そこで修行したといわれています。

天海は14歳のときに諸国に修行に出て、下野国宇都宮(現在の栃木県)の粉河寺では僧正皇舜(こうしゅん)を師として教えを受けました。
天文22年(1553)、天海が18歳のときに天台宗総本山でもある比叡山(ひえいざん)(現在の大津市と京都市の間にあります)に登り、様々な事を学びました。

永禄元年(1558)、23歳のときに京・奈良で勉学に励んでいましたが、会津にいる母が病気だということを知らされます。天海は急いで会津に帰り、母の看病に専念しますが、その甲斐もなく母は亡くなってしまいます。

母の死後、天海は足利学校(現在の栃木県)でも学びました。漢学や易学を身に付けたことにより、幅広い知識と柔軟な思考力が培(つちか)われたことが考えられます。特に易学を身につけたことが天海のカリスマ性に磨きをかけました。易学とは中国の儒教の教えの一つ『易経』を解釈した学問ことです。易とは占いのことを指します。

次回は天海が出家した龍興寺についてご紹介していきたいと思います。

●「まちあるき」途中で見つけたお菓子屋さんコーナー●

今回は地元の皆さんに「ますパン」という愛称で親しまれているパンを作っている「ますや菓子舗」さんをご紹介したいと思います!
「ますや菓子舗」さんは前回ご紹介した「会津菓子処 小林開花堂」さんの近くにあります。

『バターパン』はますやさん手作りのバターが使われています。
img_20891

他にも素敵なパンがたくさんあります!
しかし、早めにいかないと売り切れている場合がありますので、ご注意ください。

「ますや菓子舗」さんについてはこちらをご参考にどうぞ。

次回も引き続き天海を紹介しつつ、会津美里町のおいしいお菓子をご紹介していきたいと思いますので、お楽しみに!!

高田インフォメーションセンター|記事のURL|コメント: 0件|閲覧数: 545|人気度: 0UP

知られざる天海を旅して ~会津美里町~ 其の2

今回も張り切って天海についてご紹介していきたいと思います!
◆今回のテーマ:天海大僧正ってどのようにして生まれたの?

img_0774
↑天海生誕の地の記念碑

■天海の出生■

天海は天文5年(1536)に会津美里町(高田地区)に舟木景光夫婦との間に生まれ、幼名を兵太郎といいました。なかなか子宝に恵まれなかった舟木夫婦は文殊堂に籠って子供の誕生を祈願した結果、天海を授かったといわれています。

img_1803
↑舟木夫婦が籠ったとされる『清龍寺 文殊院』

父は高田城主である葦名盛常に仕え、天海の母はその城主の娘でした。

すなわち、天海も葦名一族出身ということになります。

葦名氏とは、会津を治めていた有力大名のことです。最盛期には新潟東部から会津地方全域、中通り地方をほぼ従えていたといわれています。

■護法石(ごほうせき)■

img_0765
↑天海像の近くにある護法石

舟木夫婦は子供が産まれたことを記念して「護法石(ごほういし)」を屋敷敷地内に建立(こんりゅう)したといわれています。この石は「遥拝石(ようはいせき)」とも呼ばれており、天海が太陽を拝んだことが由来とされています。また、この石には「天一」とも刻まれています。
なお、「護法石」の護法は仏教を護るという意味が込められています。

次回はついに天海が仏門の道へ飛び込みます!

今回は開化まんじゅうで有名な「会津菓子処 小林開花堂」さんをご紹介したいと思います!
「会津菓子処 小林開花堂」さんは天海の像がある会津美里町公民館のすぐお隣です。

和菓子から洋菓子まで幅広い種類を取り扱っており、
地元の皆さんに愛されています。
『開化まんじゅう』は創業当時からあり、
とても人気だそうです^^
img_2056

他にも素敵なお菓子がたくさんあり、無料休憩所もありますよ☆

「会津菓子処 小林開花堂」さんについてはこちらをご参考にどうぞ。

次回も引き続き天海を紹介しつつ、会津美里町のおいしいお菓子をご紹介していきたいと思いますので、お楽しみに!!

高田インフォメーションセンター|記事のURL|コメント: 0件|閲覧数: 702|人気度: 0UP

知られざる天海を旅して ~会津美里町~ 其の1

今回から天海大僧正についてシリーズ化してご紹介していきたいと思います。

img_0772
↑会津美里町公民館にある天海大僧正の像

◆今回のテーマ:天海大僧正ってどんな人物?

天海は初代将軍徳川家康、2代将軍秀忠、3代将軍家光に仕え、徳川幕府に強い影響力を持ち、日光の東照宮、上野の寛永寺、川越の喜多院を創建した人物です。

天海は108歳で人生の幕を閉じ、死後は国全体や天皇の師を意味した慈眼大師(じげんだいし)という大師号も朝廷から贈られ、天台宗の高僧として名を残しました。

そのような活躍をした天海大僧正は会津美里町(高田地区)生まれだといわれています。
彼は仏教の世界でも名の知れた人物であるのに対して出身地が会津美里町であることはあまり知られていません。

次回は天海の出生についてお伝えしていきたいと思います!

さらに会津美里町には素敵なお菓子があります^^
今回は天海にまつわるお菓子を取り扱っている「吉原製菓」さんをご紹介したいと思います!

昭和12年創業で長年愛され続けているお店で、
『天海大僧正』というお菓子を販売しています!

dscf3491

他にも素敵なお菓子がたくさんありますよ☆

吉原製菓さんについてはこちらをご参考にどうぞ。

次回も天海を紹介しつつ、会津美里町のおいしいお菓子をご紹介していきたいと思いますので、お楽しみに!!

高田インフォメーションセンター|記事のURL|コメント: 0件|閲覧数: 683|人気度: 0UP

これ以上前のページはありません
これ以上次のページはありません

最近のエントリー

最近のコメント

  • 飯田 三恵子さんのコメント
    ご担当者様 12月初めに、左下観音堂~向羽黒城跡~南若松駅または会津本郷駅まで歩きたいと思っ ています。...

    » 記事のコメントへ
  • むっちゃんさんのコメント
    とても美味しく雰囲気がいいピザ屋さんがあると...

    » 記事のコメントへ
  • サッカーさんのコメント
    私はこのウェブサイトに感謝したかった! 共有してくれてありがとう。 素晴らしいウェブサイト!

    » 記事のコメントへ
  • 会津美里町観光協会さんのコメント
    淀川様 コメントありがとうございます。 山梨からは遠いとは思いますが、来年度は是非お越しください‼...

    » 記事のコメントへ
  • 淀川雅樹さんのコメント
    せと市が盛大に、成功裏に行われることを願っています。 今年は仕事の都合で訪問できませんが、来年は妻と一緒に...

    » 記事のコメントへ
  • 古川恵美子さんのコメント
    以前、福島県の広報誌「ゆめだより」でシホンケーキの詰め合わせをいただきました。と...

    » 記事のコメントへ
  • せせらぎ公園管理人さんのコメント
    中山様 問い合わせありがとうございます。  せせらぎ公園管理棟の電話番号:0242-57-1225でございます。...

    » 記事のコメントへ

最近のトラックバック

関連キーワード

まるごと美里ブログを購読する

http://misatono.jp/category/blog/feed
ページトップへ戻る