窯元(組合員)紹介

富三窯

 
当主 佐竹敦夫
手びねり体験

事前のご予約をお願い致します。(粘土500gにつき1,000円)

絵付け体験

申し訳ありませんが、受け付けておりません。

見学

申し訳ありませんが、受け付けておりません。

販売

店内にて商品を販売しております。

 
 
 
陶歴
1963 会津焼四世富三の次男として生まれる
1989 京都府立陶工訓練校終了
2008 伝統工芸士認定
 
現在
会津工芸新生会会員
会津本郷焼伝統工芸士
 

窯元取材レポート

本郷のメインストリートに入ってすぐの場所に建つ富三窯。
富三窯は、東北地方唯一の磁器の産地としての伝統技術を受け継いでいる、明治の時代から続く名窯です。
全国的にファンが多く、遠方からの注文もあるそうです。

 

店内に入ると、きれいに整えられた部屋にたくさんの作品が並びます。
作品には山水、モチーフ、動物などさまざまな絵付けがほどこされていますが、圧倒的に多く、そして目立つのが椿の絵を描いたもの。
富三窯の大きな魅力のひとつがこの花椿の絵付け。長い間受け継がれてきた椿の鮮烈な赤色は、時代が変わっても人々の心をつかみ続けます。

 

富三窯の椿の絵付けは、写真だけでも群を抜いた鮮やかさが見て取れます。
ぜひ本郷まで足を運んで、直接自分の目で見ていただきたい作品です。

 
 

作品紹介


湯のみ

銀彩華器

水 滴
 

華 器

青華捻り祥瑞文酒呑

白兎に青海波汲出盆
 

ゴブレット

三本足湯呑

捻り祥瑞文煎茶碗
 

染付草花文碗皿

白兎文酒呑

花椿文葉皿
 

金彩花椿文蝶皿

青華山水文香炉
 
窯元情報

窯元マップ
名称: 富三窯
住所: 福島県大沼郡会津美里町新町176
電話番号: 0242-56-3033
FAX番号: 0242-56-3033
営業時間: 8:00 ~ 18:00
定休日: 無休
駐車場: 5台(大型バスなどは隣の公園に駐車可)
-------------------------------------
ページトップへ戻る