窯元(組合員)紹介

樹ノ音工房

 
当主 佐藤大寿
手びねり体験

事前のご予約をお願い致します。(5名様くらいまで。粘土500gにつき1,000円)

絵付け体験

いつでも可能です。(絵皿800円)

電動ロクロ

いつでも可能です。(粘土500gにつき1,000円:ロクロ使用料500円)

見学

いつでも見学可能です。

販売

店内にて商品を販売しております。

 
 
 
受賞歴
・東北芸術工科大学 大学院芸術工学研究科 修士課程修了
・第9回 東京ドームテーブルウェアフェスティバルにて[青瓷鉢]がグランプリを受賞
・伝統工芸新作展 日本クラフト展 工芸都市高岡クラフト展入選
・その他入選、入賞多数。

現在、(社)日本クラフトデザイン協会 会員
 

窯元取材レポート

樹ノ音工房では、佐藤大樹さん、朱音さんの夫婦二人で作陶をされています。
2001年からオープンしたこの窯元は、若々しいモダンな感性の作品と豊富な体験メニューで、若い方から年配の方まで、年齢を問わず人気を博しています。

 

粉引き(こひき)の作品が多いのが、樹ノ音工房の特徴。土台の上に白い土を一層まとわせ、その上に透明の釉薬を被せたもので、粉を引いたような美しく柔らかい白色をもった作品が生み出されます。
最近は粉引きに加えて鉄錆、白釉の作品、さらに粉引きに絵を付けたものも増え、メインの商品になってきたとのこと。
作品を作るときには、使いやすさを考えてなるべくシンプルな形にするよう心がけているそうです。

 

工房から少し離れた場所には、古い蔵を改装した白壁の建物。2008年に佐藤さんがオープンさせた「cafe yuinoba(カフェ ユイノバ)」です。
yuinobaは土日祝日だけ営業の、カフェ兼ギャラリー。絵画や手芸、工芸、陶芸など様々な作家のためのワークショップや展示、発表の場としても使われています。
佐藤さんは、「自分たちが敷居の高いギャラリーに対して苦い思いをしたことがあるので、駆け出しの人たちが発表しやすい場所を提供していければ」と話します。

「yuinoba」の名前の由来は、訪れた人たちの交流を結ぶ「結いの場」になってほしいという佐藤さんの願いです。
たくさんの人の交流によって、本郷をもっと盛り上げたい。作品作りと同時に、地域に人を呼び込む方法を熱心に考え続けています。

 
 

作品紹介


粉引 角鉢
¥2,625-(税別 ¥2,500)

花大皿
¥3,360-(税別 ¥3,200)

陶箱
¥4,200-(税別 ¥4,000)
 

花小鉢
¥1,260-(税別 ¥1,200)

粉引 くみ出し(大)
¥1,575-(税別 ¥1,500)
 
窯元リンク»樹ノ音工房のホームページはこちら 窯元リンク»樹ノ音工房のブログはこちら
窯元情報

窯元マップ
名称: 樹ノ音工房
住所: 福島県大沼郡会津美里町字瀬戸町3272-1
電話番号: 0242-56-5098
FAX番号: 0242-56-2953
営業時間: 8:00 ~ 18:00
定休日: 不定休
駐車場: 5台
ホームページ: http://www.kinooto.com/
ブログ: http://kinooto.exblog.jp/
メールアドレス: daiju@kinooto.com

会津本郷陶磁器会館
(組合も同所に併設)
施設名: 樹ノ音工房姉妹店・ cafe yuinoba(ユイノバ)
住所: 福島県大沼郡会津美里町字瀬戸町甲3182-5
営業時間: 10:00 ~ 17:00
定休日: 土日・祝祭日のみ営業
-------------------------------------
ページトップへ戻る