これ以上次のページはありません

『會津ManMaコンシェルジュ』に会津美里町ホルモンが掲載!!

e3839ee383b3e3839ee8a1a8e7b4991
会津美里町のB級グルメ「会津美里ホルモン」が『会津ManMaコンシェルジュ』掲載されました!

「食べ歩き地元ブロガーおすすめの会津グルメ」というコピーの通り、まさに「食べた~い!!」と思うお店ばかり。
会津内のこんなにあるのかと思うほど素敵なお店がたくさん紹介されています。
会津美里町のおいしいお店も載っていますよ。

やはり会津美里といえば、今熱いのはホルモン!!
e3839ee383b3e3839ee3839be383abe383a2e383b31

 ↑ B級グルメのページ

ご紹介の通り注目の美里ホルモン!
喜楽屋 神龍は秘伝の味噌ダレと七味のバランスが絶妙の柔らかい豚ホルモン(定食 700円 TEL0242-54-2326)
肉の丸長本店は特製辛子ダレがあと引く、珍しい桜ホルモン(定食900円 TEL0242-78-2945)
居酒屋 ゆういは白もつ串がタレ・塩の味付けで選んで楽しめます。ちょっと一杯のお供にぴったり(白もつ串 1本120円 TEL0242-54-3848)

ここでちょっとPR。
7月23日には、第2弾ホルモン市が開催されます。
この日は、掲載の3店舗以外にも、新しく「小林食堂」が加わります。
昨年よりもパワーアップしたホルモン市。ぜひ、ご賞味あれ!!
ホルモン市についてはこちら

でも、ホルモンだけではないのです。

e3839ee383b3e3839ee7be8ee9878c

 会津美里エリアのピザ屋さん、蕎麦屋さん、ラーメン屋さん、和菓子屋さんと様々な種類の御食事処・甘味処も紹介されています。

『会津ManMaコンシェルジュ』福島県内を中心に、全国書店・コンビニで好評販売中!
  (購入に関するお問合せは、歴史春秋出版株式会社 TEL 0242-26-6567 まで)
ぜひ『会津ManMaコンシェルジュ』を片手に、会津さ、そして会津美里町さ来てくなんしょ!!

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 1|閲覧数: 1,491|人気度: 0UP

『Mon mo』に掲載されました!~会津本郷~

『Mon mo[モンモ]』盛夏号に「新しい伝統が生まれる窯のまち」として、会津美里町本郷地域が紹介されました!!
e8a1a8e7b499

 連載の「里あるき街あるき」にて、400年以上の歴史と伝統を受け継ぐ窯業のまち本郷地域を会津本郷焼事業協同組合の小澤桃子さんが案内します。
 注目の若手作家や8月7日(日)に開催される「会津本郷せと市」、立ち寄りスポットなどが紹介され、焼きものの里・本郷の散策にはぴったり。
ぜひ、『Mon mo[モンモ]』を片手に会津美里町へおいで下さい。
お気に入りの一品がきっと見つかるはず・・・。

ちなみに会津本郷焼はこんな感じで照会されています。見本です

全部お見せできないのが残念ですが、そこは、ぜひ買って読んでいただいて(=^ ^=)
8ページの中に、本郷地域の魅力がぐぐっと凝縮されています。

『Mon mo[モンモ]』盛夏号には、会津本郷地域などこの夏に出かけてみたい場所が満載です。(2011年7月10日発行・A4判・オールカラー128P・税込780円・県内書店、コンビニで販売中。詳しくはこちらをご覧下さい。)

本郷せと市についてはこちら

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0|閲覧数: 869|人気度: 0UP

「会津人群像 第18号」天海ゆかりの地を訪ねて

page-0001※『会津人群像 第18号』歴史春秋社より

歴史春秋社より発行の「会津人群像 第18号」に天海大僧正が特集されています。
天海大僧正は会津美里町(旧会津高田町)出身と言われており、慈眼大師とも呼ばれています。

e794bbe5838f_0071e9be8de88888e5afbae69cace5a082
会津美里町公民館前にある天海大僧正の像と両親のお墓がある龍興寺

ほんの一部ではありますが、PDFデータを載せますので、ぜひご覧下さい。
天海大僧正特集1 ※『会津人群像 第18号』歴史春秋社より
天海大僧正特集2 ※『会津人群像 第18号』歴史春秋社より

天海についての詳細は下記リンクよりご覧下さい。
2010年5月27日ブログ

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0|閲覧数: 798|人気度: 0UP

天海僧正がトランヴェールに紹介されました!

本日紹介させていただく人物は、天海僧正です。

会津美里町公民館前の天海大僧正像

会津美里町公民館前の天海大僧正像

町指定文化財の慈眼大師誕生地の碑

町指定文化財の慈眼大師誕生地の碑

徳川家康・秀忠・家光の参謀役として活躍した「天海僧正」ですが、生まれ育ったと言われる会津美里町ではあまり名前が知られていません。

しかし、天海は徳川幕府の開府、上野寛永寺の創建、日光東照宮の造営と、徳川将軍家と深くかかわりをもち、当時の宗教界の実質的頂点へ上りつめた傑僧でした。

天海は蘆名一族として会津美里町(旧会津高田町)に生まれ、同町の天台宗の古刹龍興寺にて出家しました。前半生に謎の多い天海でしたが、会津生まれの説は間違いないようです。

その天海がこの度、「トランヴェール9月号」の特集として取り上げられました!!

e38388e383a9e383b3e383b4e382a7e383bce383ab

「トランヴェール」では、「知られざる天海を旅する」という特集で、日光・川越・上野・生まれ故郷の会津を巡り、天海の真の姿に迫ります。

本当に、うれしいかぎりです(^ ^)
当然、生まれ故郷の会津美里町も掲載されています。
掲載されている場所は、龍興寺と法用寺です。

龍興寺は、国宝「一字蓮台法華経」を所蔵する名刹で、天海はこのお寺で出家しました。墓地には天海の両親のお墓があります。本堂の裏の華芳園では、古代蓮が咲き乱れ、幻想的な雰囲気が味わえます。
天海はここで11歳から14歳まで過ごしたといわれています。

龍興寺本堂

龍興寺本堂

 
華芳園から本堂を望む

華芳園から本堂を望む

法用寺は、会津には珍しい三重塔を有する古刹。塔越しに会津平野を見渡せば、美里町が信仰の里であったことを偲ぶことができます。平安初期に開山されてから、蘆名氏の時代まで会津の主要寺院でしたが、蘆名氏の滅亡とともに衰退に向かいました。

法用寺三重塔と会津平野を一望する

法用寺三重塔と会津平野を一望する

ここには国指定の重要文化財「法用寺厨子」と「金剛力士像」があり、ケヤキの一木造の金剛力士像の力強さに圧倒されます。

天海僧正ゆかりのお寺を巡りながら、仏都会津を堪能してみませんか?(詳細はこちら

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 1|閲覧数: 1,599|人気度: 0UP

会津美里町が「新潟こまち」に紹介されました

img-428140430-0001

会津美里町が『月刊 新潟こまち 新潟市・下越版』掲載されました。
樹ノ音工房さんやくるみの樹さんなどが紹介されています。

「新潟 こまち」の会津美里町紹介記事はこちら

会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0|閲覧数: 5,961|人気度: 0UP

これ以上次のページはありません

月別アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2000年

最近のエントリー

最近のコメント

  • KHさんのコメント
    今年の成績表のアップは何時頃になりそうでしょうか。 会場に販売申し込みがありましたが、ひょっとして有償以外の配布はないのかな?

    » 記事のコメントへ
  • 坂本正彦さんのコメント
    花っ子工房 営業時間等、詳しく知りたい

    » 記事のコメントへ
  • スーパーコピーブランド激安通販専門店シャネルバッグコピー品さんのコメント
    スーパーコピーブランド専門ネットショップで、 ファッション時計,バッグ,財布とその他の世界一流ブランドスーパーコピー激安販売。 弊店のスーパー コピーブランド時計は日本全国送料手数料無料です。 ブランドコピー品の華麗さや実用でお客様に驚喜を与えます。

    » 記事のコメントへ
  • ハルスキさんのコメント
    満開の桜、綺麗ですね。 今週末あたりに米沢の桜を観に行こうと考えているのですが咲き具合は、どんな感じなのでしょうか?

    » 記事のコメントへ
  • 岡下勝美さんのコメント
    よさこいは全国に躍動を与える。 兵庫県神戸市なので 簡単に伺える距離ではないので 気持ちだけ届けます。 9月には神戸でもよさこいが 二つ開催されます。 よさこいで元気にしましょう、なりましょう。

    » 記事のコメントへ
  • 飯田 三恵子さんのコメント
    ご担当者様 12月初めに、左下観音堂~向羽黒城跡~南若松駅または会津本郷駅まで歩きたいと思っています。 国土地理院地図で確認中ですが、左下池そいに歩き相川集落を経て山道を登り 向羽黒城跡へ行く場合、左下池~向羽黒城跡~最寄り駅間は、3時間ぐらいで歩けますか? 左下観音堂に午前9時頃行き、向羽黒城跡の最寄り駅に午後2時頃に到着できればと 思います。...

    » 記事のコメントへ
  • むっちゃんさんのコメント
    とても美味しく雰囲気がいいピザ屋さんがあると 噂には聞いておりましたが、なまえが分からずときが過ぎてた行き現在に至りました。 すると、閉店されたなどとまたまた伺いましたが、本当でしょうか? やっと店名が分かり メールさせて頂きました。 本当でしょうか?

    » 記事のコメントへ

最近のトラックバック

関連キーワード

まるごと美里ブログを購読する

http://misatono.jp/category/blog/feed
ページトップへ戻る