「シャレコレ」が新聞に取り上げられました!!

会津美里町会津本郷地区「窯の美里いわたて」にて、好評開催中の『会津本郷焼シャレモノ・コレクション2011春夏』が新聞に取り上げられました!!

まずは福島民友さんの記事。

e6b091e58f8be8a898e4ba8b

2011年(平成23年)3月5日(土曜日)
福島民友11面 掲載

本郷焼〝魅せ方〟提案

【美里・窯元参加、コレクション展】

会津本郷焼の魅せ方を提案する「会津本郷焼シャレモノ・コレクション2011春夏」が
3日から、会津美里町の窯の美里いわたてで開幕した。
焼き物を生活空間に取り入れるコーディネートが、来場者の注目を集めている。6月末まで。
それぞれの窯元で作風や雰囲気が異なる会津本郷焼の魅力をさらに引き出そうと、
会津若松市のコンサルタント会社「明天」が中心となり企画した。

今回のコレクションには13の窯元が参加。
パティシエや写真家など、多彩な業種「洒落者(しゃれもの)」の13組が参加窯元と
協力、生活空間にマッチする会津本郷焼の使い方などを提案、展示販売している。
アンティークなインテリアにコーヒーカップを飾った演出や、湯飲みを花器として使う演出など、
感性が光るコーディネートがファンを魅了している。

時間は午前9時から午後5時まで。毎週火曜日定休。
問い合わせは窯の美里いわたて(電話 0242-56-5181)へ。

お次は福島民報さん。

e6b091e5a0b1e8a898e4ba8b

2011年(平成23年)3月7日(月曜日)
福島民報13面 掲載

会津本郷焼の魅力発信
【窯元と飲食店店主ら企画展 美里】

会津本郷焼窯元と、会津地方でカフェやギャラリーを営むオーナーらによる
コラボレーション企画展「会津本郷焼シャレモノ・コレクション2011春夏」は
三日から会津美里町にある窯の美里いわたてで催している。
町から会津本郷焼の振興事業委託を受けている会津若松市の明天の主催。

窯元ごとに作風が異なる会津本郷焼を、工芸品などに造詣が深いカフェの店主や
家具職人らの視点で飾り、観光客らにPRする狙い。

菓子職人やグラフィックデザイナー、飲食店オーナーらと、十三の窯元がスクラムを組み、
各窯元の良さを引き出している。

「光ざわざわ、風ひらり」を共通のテーマに、日本庭園を思わせる砂の上に植物と陶器を一緒に
置いたり、器の柄を引き立たせるためテーブルを装飾したりするなど特徴にあった展示をしている。
六月末まで催す。
時間は午前九時から午後五時まで。
問い合わせは窯の美里いわたて電話 0242(56)5181へ。

取り上げて下さった新聞社の皆さまありがとうございます♪
また是非取材にお越し下さいませ。

新聞の他にも、沢山のブログに「シャレコレ」の記事が上がっております!
ブログのオーナーさん、ありがとうございます♪
「シャレコレ」についての記事が書かれているブログについても、後ほどご紹介できたらなと思っております。


会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0|閲覧数: 1,160|人気度: 0UP

 

コメントはこちらからどうぞ
ご質問やご感想など、お気軽にご記入ください

当サイトに不適切な文章は削除させていただく場合があります。

月別アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2000年

最近のエントリー

最近のコメント

  • 覚醒剤疑惑平塚正幸 さんのコメント
    平塚正幸の参議院選挙出馬断固反対。
    » 記事のコメントへ
  • 渡部ひさえ さんのコメント
    初めて参加したいと思うのですが、焼き菓子やフルーツサンド手作り雑貨を販売したいと思うのですが、法人ではなく、個人の参加でも大丈夫ですか?...

    » 記事のコメントへ
  • 明田良子 さんのコメント
    きっと、天海僧正も喜んでおられると思います。
    » 記事のコメントへ
  • 喜多方の!ちぎらです。 さんのコメント
    木野光洋先生・美智子先生! 元気ですかぁ??
    » 記事のコメントへ
  • 喜多方のちぎらです。 さんのコメント
    木野光洋先生! お元気ですかぁ?? 美智子先生元気ですかぁ?? 喜多方の!千木良です。...

    » 記事のコメントへ
  • 長嶺 邦子 さんのコメント
    凍みを購入したいのですが、どこで注文すればよいのでしょうか? ネット上で可能でしょうか?...

    » 記事のコメントへ
  • streaming film さんのコメント
    I was recommended this blog via my cousin. I am no longer sure whether or not this put up is written by means of him as ...

    » 記事のコメントへ

最近のトラックバック

関連キーワード

まるごと美里ブログを購読する

http://misatono.jp/category/blog/feed
プライバシーポリシー
ページトップへ戻る