会津美里町の隠れた逸材「福光にんにく」

「福光にんにく」についてよくお問い合わせがあります。

「福光にんにく」は会津美里町の福光というところで昔から栽培していたちょっと変わったニンニクです。

imgp2568
ほら、変わっていますでしょ!
見た目は赤いので、普通のニンニクとはすぐに区別がつきます。

このニンニクですが、色が赤いだけではありません。

ニンニクといえば独特の香りが特徴なわけですが、
福光にんにくの場合、普通のニンニクと比べて香りが強烈です。
家の密封空間だとすぐににおいが充満するくらい!

そして味。
すごく濃厚でおいしいと評判です。
地元だと、普通のニンニクではなく福光にんにくの方が人気があるようです。

この「福光にんにく」ですが、
福光地区の土地に合った野菜です。
ニンニクを栽培するためには肥沃で水はけがよく保水性がある畑である必要があります。

まさに手を加えなくともこのような土壌なのが福光地区の土壌なのです。
会津美里町を探しても「福光にんにく」を栽培しているのは福光地区を初めとして一部の地域に限られます。
福光の土壌が培ったおいしいニンニク。
これこそが福光にんにくなのです。

球根を自家採取して、それをまた植えて増やして、それを自家採取して・・・。
歴史は長そうなのですが、いつごろから栽培されていたかというのはよくわかっていません。
地元の人に聞いても「昔からつくっていたよ」という感じです。

このニンニク、あまり存在が知られていません。
会津美里町民でも「福光にんにく」の存在を知らない人がたくさんいます。
いつごろから「福光にんにく」と呼ばれるようになったのかもよくわかりません。

手広くたくさんはつくっていません。
地元で自分たちが食すために栽培してきたのが「福光にんにく」。
地元でも一部の直売所でのみ流通しているくらい。

これぞまさに隠れた逸材です。

yh


会津美里町観光協会|記事のURL|コメント: 0|閲覧数: 1,263|人気度: 0UP

 

コメントはこちらからどうぞ
ご質問やご感想など、お気軽にご記入ください

当サイトに不適切な文章は削除させていただく場合があります。

月別アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2000年

最近のエントリー

最近のコメント

  • 酒井順子 さんのコメント
    会津に、いた頃毎年ブドウを、頂いていました。遠方でも、購入できますか?購入方法も、教えて下さい。...

    » 記事のコメントへ
  • 永山 正利 さんのコメント
    貫通石が欲しいのですが、まだありますか?
    » 記事のコメントへ
  • 藤田裕美 さんのコメント
    貫通石の件で連絡しました。 石を郵送していただくことはできるのですか? お忙しいところ申し訳ありません。よろしくお願いします。...

    » 記事のコメントへ
  • (一社)会津美里町観光協会 さんのコメント
    齋藤農園にブドウ販売に関するお問合わせありがとうございました。 2021年 ブドウ販売について齋藤農園様に確認したところ 今のところ全部の品種販売はまだできていないのですが 現時点では少しずつ販売が始まりました。 秋口にはたくさ...

    » 記事のコメントへ
  • 東瀬 光弘 さんのコメント
    ブドウの販売はいつからですか?
    » 記事のコメントへ
  • 会津美里町観光協会 さんのコメント
    お問合せありがとうございます!向羽黒山城御城印は最終的に3種類で考えております。3枚目については9月以降を予定しておりますので宜しくお願い致します。...

    » 記事のコメントへ
  • トビタ マモル さんのコメント
    返信ありがとうございます。最終的に御城印は第1弾から何種類登場予定なんでしょうか?以前福島民友さんのサイトで合計4種類登場予定とありましたので、最終的な種類を教えていただければうれしいです。...

    » 記事のコメントへ

最近のトラックバック

関連キーワード

まるごと美里ブログを購読する

http://misatono.jp/category/blog/feed
組織概要 プライバシーポリシー
ページトップへ戻る